相続放棄のご相談は、相続放棄.netへ。全国対応可

解決事例4 相続放棄をしても生命保険金を受け取れる?

 

依頼者

  千葉県在住  Cさん(50歳)男性

依頼内容

  亡くなった長男に多額の借り入れがあったので、相続放棄の手続きをお願いしたい。

事案の概要

  Cさん夫妻のご長男Aさんは、都内で会社勤めをしながら1人暮らしをしていま
  したが、突然の事故で亡くなってしまいました。
  悲しみが癒えないCさん夫妻のもとに、
  ある日消費者金融から督促状が届きました。

  Aさんは多額の借り入れがあり、借金を借金で返すという自動車操業を繰り返
  していたようでした。
  Aさんには特にプラスの財産はなく、約1000万円の借金が残されたのみでし
  たが、Aさんは1000万円の生命保険に入っていたようでした。

相続関係図



 

   

 

解決の流れ

 

 ① 相続放棄の申立
 相続放棄の手続きは家庭裁判所に対してする必要があり、相続が開始して、
 自分が相続人になったことを知ってから3ヶ月以内にしなければなりません。
 詳しくは、「解決事例①」をご参照下さい


 ② 相続放棄をしても生命保険金を受け取れるのか?
 相続放棄をすると、当該相続に関して初めから相続人ではなかったことになり、
 相続財産を承継することは一切ありません。
 したがって、マイナスの財産の承継を免れるだけではなく、プラスの財産を承継
 することも一切できません。

 しかし、生命保険金の受取人に指定されている相続人が生命保険金を請求・
 受領することは、生命保険金は民法上の相続財産には含まれないため、
 可能です。

 今回の事例では、相続放棄をすることにより、Cさん夫妻はAさんの負債を
 免れることができました。
 また、生命保険の受取人に指定されていたCさんは生命保険金1000万円を
 受領することができました。
 Cさんはこのお金を大切に供養費に充てるとおっしゃていました。



当事務所の相続放棄の解決事例